本文へ移動

ブログ

花だより

造園技能検定

2021-09-16
画像は先日行われた、厚生労働省実施の国家検定である「造園技能検定」の実技試験の様子です。
 
試験は難易度によって一級・二級・三級に分かれており、学科試験と実技試験の両方に合格すると「○級造園技能士」を名乗ることができます。今回、弊社からは一級造園技能士に二名が挑戦しました。
 
実技試験の内容は、制限時間三時間以内に決められた内容で庭づくりをするというもので、竹垣を製作し、つくばいを組み、延べ段と飛石、景石を据えて樹木と下草を植える、といういわゆる日本庭園の伝統的な作庭技術が求められます。
 
合格発表日は10月1日。こちらのブログで嬉しいご報告ができることを祈るばかりです。
TOPへ戻る